ホーム > みんなのレジLife > 佐久間 健汰さん

みんなのレジLife

プロフェッショナルな接客と人を見る力が身につきました

佐久間 健汰さん

レジコンシェルジュ

佐久間 健汰さん

ドン・キホーテ国際通り店

服飾の専門学校に通いながら、2年半にわたって国際通り店で働いている佐久間さん。以前、地元のスーパーでバイトを経験したこともあり、レジ業務はもともと得意。しかしストアークルーズのレジを経験したことで、接客の重要性を改めて学んだという。いずれ東京に出て、ファッションに関する仕事をするという明確な目標をもっている彼。ここで身に付いたプロフェッショナルな接客術と「人間観察力」を、未来の自分に生かしたいと語る。

  • ストアークルーズで働き始めるまでは、何をしていましたか?

    保育の専門学校に通いながら、地元のスーパーでレジのバイトをやっていました。卒業後の進路に迷い、自分が本当にやりたいことは何か考えたとき、服飾を学びたいと思ったんです。そこから学費を貯めるために、時給が良かったストアークルーズで働き始めました。知名度のあるドン・キホーテのレジ業務なので、何か得られるものがあるかなと思ったんです。

  • スーパーのレジ業務とストアークルーズは何が違いますか?

    僕がいたスーパーは地域的に常連のお客様がメインで、わりと毎日フレンドリーな接客をしていたんです。だからストアークルーズで細かい研修を受けたとき、すごくプロフェッショナルな接客技術を学んでいる気がして驚きましたね。「今まで僕がやってきたバイトって、本当に接客だったのかな?」って何度も思いました(笑)。

  • 具体的にどんなところにプロフェッショナルを感じますか?

    お客様への文言、お釣りを数えて手渡すときなど、ひとつひとつ決められた手順があります。最初はなんでこんなに面倒な手順をふむのか分かりませんでした。でも数ヶ月たって他のお店で接客されたとき、お札が見えにくいとか、笑顔がないとかいろいろなことに気付いたんです。僕が学んでいることは、全部必要なことだったんだなって。

  • ストアークルーズで働いて、内面的に変わったことはありますか?

    その人に合ったコミュニケーションができるようになったと思います。人によって態度を変えるという意味ではありません。伝えるときにどんな言葉を使うべきか、どんな対応を求めているのか、自分なりに人を注意深く観察して行動するようになりましたね。これは接客だけでなくプライベートでも身になっていると思います。

  • 将来はどんな仕事をしたいと思っていますか?

    ファッションに関わる仕事のなかでも、お店の経営や、洋服を買い付けるバイヤーの仕事に興味があります。専門学校はあと2年通いますが、卒業後は上京して就職するつもり。それまでは国際通り店で働いていたいですね。ストアークルーズで学んだ接客や人を見る力などは、今後どんな仕事をやるにせよ役立つと思っています。

© STORECREWS Co.,Ltd. All Rights Reserved.